テンプレートタグ

ブロックタグ

MTAppCfgAsset
アプリ設定の各アイテムをコンテキストにセットします。このブロックタグの中ではMTAsset関連のテンプレート・タグが利用できます。typeモディファイアでどのアイテムを取得するかを指定します(icon_main、logo、a_launchimage、i_launchimage、noimage_large、noimage_square、a_notifyicon)。
MTAppCfgBlogs
アプリ設定で配信コンテンツが「ウェブサイト・ブログを選択」の時、選択されているブログ(ウェブサイト)の一覧を表示します。sort_by、sort_orderでソート順を指定できます。
MTAppCfgCategories
アプリ設定で配信コンテンツが「ウェブサイト(ブログ)のカテゴリを選択」の時、選択されているカテゴリの一覧を表示します。sort_by、sort_orderでソート順を指定できます。
MTAppConvertUrlForWebView (ダイナミックパブリッシング非対応)

記事、ウェブページのコンテキスト内で、他の記事やウェブページへのリンクをWebView用のアーカイブリンクに変換します。custom_schemaモディファイアを指定すると次のようなURLに置換されます。

<a href="アプリの識別子://apphome">アプリを開く</a>
<a href="アプリの識別子://entry?blogId=n&entryId=n">この記事をアプリで開く</a>
<a href="アプリの識別子://page?blogId=n&pageId=n">このページをアプリで開く</a>

※詳しくはブログ記事「MTAppConvertUrlForWebViewタグのヒント」をご覧ください。

MTAppHotEntries (ダイナミックパブリッシング非対応)

PVアクティビティから記事のランキングを生成し、PVの多い順に記事を出力します。以下のモディファイアが指定可能です。exclude_advモディファイア指定で広告(外部リンク)を除外します。

  • days (過去何日か。省略時7日間)
  • limit、offset
  • include_blogs(blog_ids, site_ids, include_websites)
  • class_type (entryかpageか。省略時 entry)

ループの中で、予約変数__total_result__(マッチしたトータルの件数)、__pv__(ページ閲覧数)を取得できます。

ファンクションタグ

AppCfgName
アプリの名前を表示します。
AppCfgBlogID
アプリが設定されているブログのIDを出力します。親ウェブサイトに含められているブログでは、親ウェブサイトのウェブサイトIDを出力します。
AppCfgDeliveryType
配信コンテンツが「ウェブサイト・ブログを選択」の時「1」を、配信コンテンツが「ウェブサイト(ブログ)のカテゴリを選択」の時「2」を出力します。
AppCfgInfoBlogId
お知らせブログが指定されているとき、そのブログのIDを出力します。
AppCfgFormURL
アプリ設定のフォームのURLを出力します。
AppCfgIdentifier
アプリ設定の識別子を出力します。
AppCfgModifiedOn
アプリ設定の最終更新日を出力します。
AppThumbnailDir
サムネイルのディレクトリURLを出力します。通常は MTの SupportDirectoryURL に /thumbnails をつないだパスになります。
AppBlogEntriesJSONURL
アプリの設定の「配信コンテンツ」が「ウェブサイト・ブログを選択」の時、コンテキストのブログの記事一覧JSONのURLを出力します(MTAppCfgBlogs内での利用を想定)。
AppInfoBlogEntriesJSONURL
「お知らせブログ」の選択があるとき、指定のブログの記事一覧JSONのURLを出力します。
AppCategoryEntriesJSONURL
アプリの設定の「配信コンテンツ」が「ウェブサイト(ブログ)のカテゴリを選択」の時、コンテキストのカテゴリの記事一覧JSONのURLを出力します(MTAppCfgCategories内での利用を想定)。
AppHotEntriesJSONURL
人気記事一覧JSONのURLを出力します。
AppSettingsJSONURL
アプリの設定ファイル appsettings.json のURLを出力します。
AppActivityAPIURL
アプティビティ送信APIである app-activity-api.php のURLを出力します。
AppCfgMeta
アプリ設定の 「meta_」から始まるカラム(アプリテーマの設定)をnemaモディファイアに指定して出力します。
AppCSSForWebViewURL
WebVIew用CSSである webview.css のURLを出力します。
EntryURLForWebView
ヘッダー・フッターを取り除いたWebView用の記事テンプレートのURLを出力します。
PageURLForWebView
ヘッダー・フッターを取り除いたWebView用のウェブページテンプレートのURLを出力します。
AppTemplatesURL
key モディファイアを指定して、アーカイブのURLを出力します。
MTResourceObject (ダイナミックパブリッシング非対応)

DataAPIのResource定義に沿ってオブジェクトをJSON形式で出力します。stashモディファイア(またはmodelモディファイア)で取得するオブジェクトの datasourceを指定できます(省略時 entry)。versionモディファイアでDataAPIのバージョンを指定します(省略時2)。以下のテンプレートは、現在のコンテキストに沿った記事をDataAPIのレスポンスと同じ形で出力します。

<mt:Entries glue="," lastn="0"><mt:if name="__first__">{
"totalResults":"<mt:EntriesCount>",
"items": [</mt:if> <mt:ResourceObject stash="entry" version="2">
<mt:if name="__last__">]}</mt:if></mt:Entries>

model、idモディファイアを指定することで特定のオブジェクトをDataAPIのResource定義に沿ってJSON出力します。

<mt:ResourceObject model="page" id="n" version="2">
MTAppActivityTrackingJS
ユーザーのアクティビティデータ(一覧画面を閲覧した、記事詳細画面を閲覧した)を送信するためのスクリプトを出力します。モディファイアcode_only="1"を付けると<script>で囲まれない状態で出力します。