制作のポイント

encroute.jsは必ずロードする

encroute.js(実際にロードするのはminify化したencroute.min.js)は、HTML / JavaScript で制作する画面からネイティブの機能を呼び出すメソッド等を提供しますので必ずロードしてください。

  • アプリ内のファイルではアプリ内にあるencroute.min.jsをロードします
  • サーバー上のファイルではアプリ設定を行ったウェブサイト・ブログにあるencroute.min.js(「アプリ用JS(ネイティブブリッジ)」テンプレート)をロードします

サーバー上のHTMLからアプリ内のHTMLへ遷移する場合

サーバー上のHTMLからアプリ内のHTMLへ遷移する場合は以下のようにします。

ホーム画面(index.html)を呼び出す場合

apliko://localfile/index

apliko://localfile/localfile/の後ろに拡張子を除いたファイル名を指定します。

行き止まりにならないように画面遷移を設計する

HTML / CSS / JavaScriptで画面を作成しますがあくまでもアプリのため、ブラウザのように「戻る」「進む」ボタンはありません。画面内には前のページに戻るボタン等を必ず設置しましょう。

モバイルアプリの開発に特化したUIコンポーネントの利用

例えば「Onsen UI」を利用すると、ネイティブなiOSとAndroidのデザインガイドに準拠したデザインを手軽に再現することができます。