iOSアプリの確認方法

Xcodeの起動とアプリのビルド

いよいよXcodeを起動してシミュレーターでアプリを動かします。

  1. CocoaPodsを使用したアプリの場合
    ライブラリインストール時に生成された[アプリテーマ毎の文字列].xcworkspaceをダブルクリックして開きます。
    Carthageを使用したアプリの場合
    [アプリテーマ毎の文字列].xcodeprojをダブルクリックして開きます。
  2. 画面上部のツールバーの左上、アプリテーマの開発コード名(例えば「SiteReader」)と表示されている部分の右でシミュレーターの種類(iPhone 7, iPhone 7 Plusなど)が選択できますので、任意の端末を指定します。
  3. 画面上部のツールバーの最も左にある「実行」ボタンをクリックしてシミュレーターでアプリの実行を開始します。アプリが起動したらビルド成功です。

補足

  • 初めて実行ボタンをクリックした場合、Macを開発者モードにするかどうかのダイアログが表示されます。開発者モードにすることで、デバッグ機能やプレイグラウンド機能を利用する際に必要となるパスワードの入力を省略することができます。通常は「Enable」を選択して開発者モードにするとよいでしょう。(管理者のパスワードを入力するダイアログが表示されますので、管理者のパスワードを入力します。)
  • シミュレーターは、お使いのディスプレイによっては非常に大きなサイズで表示されてしまうことがあります。(不具合ではありません。)メニューバーでWindow>Scaleを開き、サイズを調整してください。
  • MT上で任意のアプリ名を入力していても、手順2では「SiteReader」等のアプリテーマ開発コードが表示されます。(アプリの公開に問題はありません。)