ID・証明書の作成とデバイスの登録

CSR(CertificateSigningRequest)の作成

  1. Macのアプリケーション>ユーティリティの中にあるキーチェーンアクセス.appを開きます。
  2. メニューバーでキーチェーンアクセス>証明書アシスタント>認証局に証明書を要求...を選択します。
  3. ユーザーのメールアドレスと通称(氏名)を入力します。CAのメールアドレスは空欄で構いません。
    要求の処理は「ディスクに保存」を選択、「鍵ペアを指定」のチェックは外します。
  4. 証明書ファイル(CertificateSigningRequest.certSigningRequest)が作成されるので保存します。

開発用証明書の作成

ここから先は、Apple Developer Programにログイン後、「Certificates, Identifiers & Profiles」の画面に移って作業を進めます。

  1. 画面左のメニューでCertificatesの中のAllを選択します。
  2. 画面右上の「+」(Add)をクリックします。
  3. iOS App Developmentを選択します。
  4. 「About Creating a Certificate Signing Request (CSR)」の画面になるので、そのまま「Continue」をクリックします。(CSRファイルに関する説明の画面です。)
  5. CSRファイルをアップロードする画面になるので、「CSR(CertificateSigningRequest)の作成」で生成された証明書ファイル(CertificateSigningRequest.certSigningRequest)を選択します。
  6. 「Your certificate is ready」の画面が表示されたら完了です。「Download」ボタンをクリックしてファイルをダウンロードしてください。
  7. Doneを押して作業を終了します。

プッシュ通知用の証明書の作成

  1. 画面左のメニューでCertificatesの中のAllを選択します。
  2. 画面右上の「+」(Add)をクリックします。
  3. Apple Push Notification Authentication Key (Sandbox & Production)を選択します。
    ※開発環境を作成してプッシュ通知のテストを行う場合は上から2番目、Development内のApple Push Notification service SSL (sandbox)を選択します。
  4. 「Which App ID would you like to use?」の画面になるので、Movable Typeのアプリ設定画面で識別子の欄に入力した文字列が含まれるApp IDを選択します。
  5. 「About Creating a Certificate Signing Request (CSR)」の画面(CSRの説明)になるのでContinueをクリックします。
  6. 「Generate your certificate.」の画面になるので、本ページの最初の「CSR(CertificateSigningRequest)の作成」の項で作成したファイルを指定してContinueをクリックします。
  7. 「Your key is ready.」の画面が表示されたら完了です。「Download」ボタンをクリックしてファイルをダウンロードしてください。(「プッシュ通知送信用証明書(p12)の書き出し」で利用します。)
  8. Doneを押して作業を終了します。

デバイスの登録

  1. 画面左のメニューでDevicesの中のAllを選択します。
  2. 画面右上の「+」(Add)をクリックします。
  3. 「Registering a New Device or Multiple Devices」の画面になるので、Register Deviceを選択した後、Nameに端末を識別する名前(分かりやすい名前を自由に入力してください)とUUIDを入力してください。
  4. 「Review and register.」の画面になるので、内容を確認して「Continue」をクリックします。
  5. 「Registration complete.」の画面が表示されたら完了です。Doneを押して作業を終了します。
  • UUIDは、端末をMacに接続し、iTunesで端末の情報画面を開き、電話番号の下の欄を何度かクリックすると表示されます。UUIDが表示されたら右クリックをしてコピーを選択します。