iOSアプリを実機で確認する

Xcodeヘアカウントの登録

実機でアプリを動かすには、Apple Developer Programに登録したApple IDが必要です。

  1. CocoaPodsを使用したアプリの場合
    ライブラリインストール時に生成された[アプリテーマ毎の文字列].xcworkspaceをダブルクリックして開きます。
    Carthageを使用したアプリの場合
    [アプリテーマ毎の文字列].xcodeprojをダブルクリックして開きます。
  2. 設定画面が開くので、Accountsを選択します。
  3. 左下の+ボタンをクリックし、Apple IDを入力します。サインインが完了すると、入力したアカウントがAccounts画面に表示されたことを確認したら、設定画面を閉じます。
  4. ナビゲーターエリアで「[アプリテーマ毎の文字列](例:SiteReader)」をクリックします。続いて「General」を選択するとアプリ名やバージョン番号が表示される画面が現れます。SigningにあるTeamをクリックし、Apple Developer Programに登録済みのアカウントの氏名を選択します。Provisioning ProfileとSingning Certificateが黒字で表示されれば設定完了です。

アプリのビルド

  1. 画面上部のツールバーの左上、「[アプリテーマ毎の文字列](例:SiteReader)」と表示されている部分の右でシミュレーターの種類が選択できますので、Deviceの欄に表示される端末を選択します。(iPhoneで設定している端末名が表示されます。)
  2. 画面上部のツールバーの最も左にある「実行」ボタンをクリックしてシミュレーターでアプリの実行を開始します。実機でアプリが起動したらビルド成功です。
  • 「Unlock [iPhone 端末名] to Continue」の表示が出たら、iPhoneのロックを解除して下さい。(指紋認証もしくはパスワードの入力。普段ロックを解除する方法と同じです。)