CocoaPodsと依存ライブラリのインストール

iOSアプリでは、当社で開発したコードの他に一般公開されているライブラリを利用しています。これらはcocoapodsを通じてインストールします。

  1. ダウンロードしたmobile_apps_[タイムスタンプ].zipを展開します。展開されたディレクトリを開き、さらにiOSディレクトリを開きます。
  2. cocoapods.commandを右クリックし[開く]ます。するとターミナルが開き、外部ライブラリを管理するプログラム(cocoapods)と外部ライブラリのインストールが始まります。(サイズが大きいためしばらく時間を要します。)

  3. 「プロセスが完了しました」と表示されインストールが完了すると、[アプリテーマ毎の文字列].xcworkspaceが生成されます。
  • ターミナルはよく「黒い画面」と呼ばれているものですが、初期状態では白背景です。

ターミナルの操作に慣れている方・システムのRubyを利用されていない方へ

cocoapods.commandを実行せず、iOSディレクトリで以下のコマンドを実行して頂くことで外部ライブラリのインストールが可能です。

  1. gem install cocoapods(システムのRubyを利用する場合はsudoを付けてください)
  2. pod install